Halcyon Days

Saltstraumen

ノールラン県、ボードー市の東約30キロの距離にあるSaltstraumen(サルトストラウメン)に義理の父、義理の弟M、夫、私そしてHSの5人で出かけてきました。SaltstraumenはWikipediaの記事によると世界一強力な潮流で、そこに発生する大渦潮(メイルストロム)を見に訪れる観光客が後をたちません。釣り場としても人気で、今朝は義理の父の提案で夕食用の魚を釣りに出かけることになったのです。

私とOには幼いHSがおり、こどもがSaltstraumenの渦巻く水の中に落ちでもしたら一大事ですので、釣りは初めから諦め、子守&釣りの応援をするにとどめました。義理の父とMが釣り糸を垂れてから最初の1時間は魚が1匹しか釣れず、義理の父が私たちの方を振り返ってはdet gaar veldig daarlig (とても不調だ)とこぼしていましたが、その後魚がどんどん釣れ出し、セイが合計9匹釣れました。HSは釣れたばかりの魚を素手で触り、"HS spiser fisk! (HS、おさかな たべるの!)” 魚の体がぬるぬるしていたので、触ってから手をウィンドブレーカーでいつになく丁寧に拭いていました(笑)。

帰宅早々、義理の父が魚をさばき、塩茹でに。新鮮な魚、HSもよほど美味しかったのか、一匹まるごとぺろりと平らげました。「HS、べすてふぁーる(おじいちゃん)といっしょに おさかな とったのねー」「かもめさん いたねー」と回想しながら。

PS:数週間のノルウェー滞在でHSのノルウェー語、かなり上達しました。今朝は玄関先でOを見上げて"Skal vi ta paa skoen, pappa? (ぱっぱ、くつをはこうか)”と言ったらしく、Oがとても喜んでいました。義理の弟たちもHSの世話をとてもよくしてくれ、身の回りのものを指差してはノルウェー語で何と言うのか逐一教えてくれているようで、NYを発つ前は知らなかったはずの単語を沢山口にするようになりました。これだけでもノルウェーに里帰りした甲斐があったというものです。

d0182292_2233050.jpg


d0182292_2241823.jpg


d0182292_2245725.jpg


d0182292_2253011.jpg


d0182292_226186.jpg


d0182292_227136.jpg


d0182292_2281110.jpg


d0182292_2284117.jpg

[PR]



by jentene_i_nyc | 2010-07-28 02:22 | ノルウェー帰省2010

北欧・ノルウェーの首都に住んでいるirisjentaの徒然日記。学生生活・育児生活・季節の行事その他雑記。
by jentene_i_nyc
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧