Halcyon Days

通園2日目

幼稚園への登園、本日2回目でした。園でのステイ時間も短めにしてみたのですが(今日はOが出勤前にドロップオフ)、午前11時に迎えに行ってみたら、教室にHSの姿はなく、ノルウェー人のA先生に「どんな感じでしたか?」と聞いてみたら、「2時間、ずっと泣いていました」とのこと。前回と同じく、奥の小部屋で中国人の先生の膝に座って大声で泣いていました。隣には、しくしくと泣き続ける、同じ2歳児クラスの男の子も。この子、前回私がHSを迎えに行ったときも、ランチボックスを前にしてひたすら涙を流していましたから、HSと同じく、親との分離に慣れていないのかも知れません・・・ 「HSちゃんは当分の間、ナーサリーは2時間でいいですね。時間はかかるかも知れませんが、諦めずに登園させ続けてください」とA先生に言われ、今日も早めの<退場>です。

 HS、私の腕に抱かれた瞬間に泣き止んでしまって、私の首に腕を回して満面の笑顔。帰宅してからのお昼ごはんも完食、そのあと、近所の公園とコミュニティーガーデンでのびのび遊んで、それからストローラーの中でイビキをかいて1時間の昼寝。昼寝のあとは、夕食の準備で私が台所に立たなければならない時刻まで、私が地元図書館で借りてきた英語の絵本を開いて、ふたりで繰り返し読みました。我が家にある「マザーグース」の本を除けば、HSにとっては初めての、家庭での英語での読み聞かせですが、HSはとても喜んで、「まま、もういっかい!もういっかい!」  ナーサリーでは泣いてしまうので、落ち着いて英語に耳を傾けられるような心理状態ではなさそうですが、アメリカ式発音ではなくても、私が家で本を読んでやれば、HSの耳が少しでも英語に慣れるかな、と思います。「もういっかい」とアンコールされるぐらいですから、英語の本がいやだということではなさそうです・・・

 というのが私たちのstatus quoですが、明日から週末にかけて、家族で小旅行にでかけてきます。NYCもだいぶ涼しくなってきていて、今朝HSを迎えに外に出たところ、爽やかな風が吹いていて、街ゆく人の多くが長袖を着ていました。このまま暑すぎもなく、寒すぎもなく、3日間天気がもちますように・・・


d0182292_1212783.jpg

d0182292_1214298.jpg

[PR]



by jentene_i_nyc | 2010-09-10 12:02 | Life in NYC

北欧・ノルウェーの首都に住んでいるirisjentaの徒然日記。学生生活・育児生活・季節の行事その他雑記。
by jentene_i_nyc
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧