Halcyon Days

Julekveldsvisa

日々の忙しさにきりきり舞いをしているうちに、また金曜日がやってきました。
11月の週日はスケジュールがびっちり、毎日が外出あるいは来客で、一日の終わりには私も疲れてしまい、書きたいことがあってもなかなか思うようにブログの更新ができません・・・

 昨日嬉しかったことをひとつ記録。先週に引き続き、HSと一緒にノルウェー海員教会に行ってきました。先週は教会内の別室でのスタッフ・ミーティングに出ていたため、こども会ではお会いできなかった、教会司祭の奥様Tさんと再会でき、月齢の近いお互いのこどもの近況などについて、たっぷり話ができました。そして肝心のこども会についてですが、HSは積極的に参加し、ノルウェー語の童謡も大きな声で4,5曲歌うことができました。HSの成長を実感した1時間半でした。

d0182292_12585051.jpg


 いつも仕事から帰宅したばかりのOに向かって、「ぱっぱ、さんぐ!(オスロ方言だとPappa, sing! ぱっぱ、すぃんぐ!となるのですが、北ノルウェー方言だと動詞の命令形が「さんぐ!」と発音されるのです。日本語に直したら「歌ってけれ!」とでもなるのでしょうか)と歌をせがむHS。Oがもともと歌好きというのもあるのですが、HSが頼めば「そうか、ぱっぱの国の歌を聞きたいか!」と喜んで、同じ歌を何度でも歌ってやっているうちに、HSは何曲もの童謡の歌詞を覚えてしまいましたし、それがHSのノルウェー語習得にとても役に立っている印象を受けます。

 昨日の会では、HS以外に、3ヶ国語の成長環境にあるこどもが2人いて、同伴していたお父さん・お母さんも「英語がメジャーなこの都市で、こどもにどうやってノルウェー語を教えていったらいいかが悩みだけれど、この会の存在は貴重。スケジュールが合う限り、毎回こどもを会に連れてくるつもり」と言っていました。

 会ではまた、今月の後半に教会で開かれるクリスマスバザーを前に、バザーで歌われるクリスマスソングの小練習をしました。Alf Prøysen(アルフ・プロイセン 1914-1970)作詞のJulekveldsvisaで、キリスト生誕の物語を盛り込んだ、ほっこりと暖かい雰囲気の歌です。家に帰ってyoutubeで検索したところ、Nora Brockstedtという女性歌手の歌う、この歌の録音が見つかったのですが、心に染み入るノスタルジックな歌声です・・・  


http://www.youtube.com/watch?v=Qx_ne2Pl4pI
[PR]



by jentene_i_nyc | 2010-11-13 12:59 | Life in NYC

北欧・ノルウェーの首都に住んでいるirisjentaの徒然日記。学生生活・育児生活・季節の行事その他雑記。
by jentene_i_nyc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧