Halcyon Days

聖ルチア祭

ノルウェー海員教会の本日のこども会では、本国ノルウェーでは12月13日に祝われる<聖ルチア祭>の前祝い(?)として、集まった子どもたちが全員、engler(天使)の仮装をしました。

聖ルチアはキリスト教の聖人で、4世紀の初頭に殉教した女性らしいのですが、その聖名祝日は、ノルウェーを含めた北欧の国々や南欧で<聖ルチア祭>として伝統的に祝われてきました。ルシア祭というと、スウェーデンでのお祭りがとくに有名かと思いますが、白いドレスを着た少女たちが頭にロウソクの冠をかぶり、手にもロウソクを持って、ナポリ民謡の『サンタ・ルチア』の歌を歌う清らかな姿、私もテレビで何度か見たことがあります。ルシア祭の歴史など、詳しくはウィキペディアとノルウェー王国のオフィシャルサイト内の記事をご覧下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%A2%E7%A5%AD

http://www.norway.or.jp/news_events/norge/taste_of_norway/recipe/advent_lucia/


ノルウェー海員教会でも、小さなお祝いということで、こどもたちのために、大人サイズの白いTシャツと、帯紐がわりの銀色のモール、そして豆電球の入ったロウソクが用意されていたのですが、Tシャツ&モール姿のこどもたちがひとところに集まると、その愛らしいこと!母親たちほぼ全員がバッグからカメラを取り出し、大写真撮影会が始まってしまいました(笑) そして今日は、こどもたちのうちのひとり、Jちゃんが今週末2歳のお誕生日を迎えるそうで、Jちゃんのノルウェー人のお母さんが買ってきたパーティーハットも皆に配られ、ロウソクとハットとで、本当にきらきらでカラフルなお祭りとなりました。

d0182292_1385234.jpg

d0182292_1391334.jpg
d0182292_1392786.jpg
d0182292_1393747.jpg


海員教会の司祭夫人で<こども会>のオーガナイザーでもいらっしゃるTさんから、ルチア祭についての簡単なおはなしがあり(こども向けのおはなしなので、聖ルチアが受けた迫害や殉教についての言及はもちろんなく、ルチアが母親の長患いが快方に向かうよう、教会で祈ったところ、母親の病気が全快し、それ以降ルチアはキリスト教の信仰に生きた、というような簡単な説明でした)、それから皆で『サンタルチア』のメロディーを歌いながら、照明を落とした教会の礼拝室を一周しました。そして聖ルチア祭には欠かせない、サフランで黄色く色づけされた、ルセカット(lusekatt)と呼ばれるパンが振舞われ、バースデイガールであるJちゃんを囲んで皆でバースソングも歌いました。HSもお祭りがとても楽しかったようで、教会からの帰りのバスの車内でも、ロウソクを手に持って歌を歌ったことだとか、興奮冷めやらぬ様子でおしゃべりしていました・・・

d0182292_1310056.jpg

[PR]



by jentene_i_nyc | 2010-12-10 13:07

北欧・ノルウェーの首都に住んでいるirisjentaの徒然日記。学生生活・育児生活・季節の行事その他雑記。
by jentene_i_nyc
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧