Halcyon Days

三寒四温

今日は午前中からぽかぽかして春を思わせる暖かい1日でした。
午後1,2時ごろは16,17度あったようです。

午前はいつものように、ノルウェー海員教会の子ども会にHSを連れて行きましたが、人の集まりが悪く、教会の外から来た子どもはHSと0歳のJ君だけでした。HSは歌と踊りがあれば幸せな子なので、始終笑顔でしたが。

「みんな(他のママたち)、春を感じて、どこかに出かけてるのかもね」とJ君のママ。
「そうだね、今頃、みんなセントラルパークでお散歩してたりして」と私。

教会の方では子ども会参加の子ども達とその親のために、ランチはfiskesuppe(フィスケスッペ 白身魚入りのミルクスープ)を用意してくれていたのですが、参加者が少なかったため、HSも私もたっぷり食べて帰ることができました。

d0182292_1045453.jpg


子ども会が開始する前から、礼拝室の地下からピアノとトランペットの音がずっと響いてきていたのですが、何かと聞くと、明日カーネギーホールで演奏予定の2人のノルウェー人の音楽家が曲目をリハーサルしているとのこと。
「えーと、ピアノがHåvard Gimseさん(夫の前の職場の上司の兄か弟で、ノルウェーでは著名なピアニスト)で、トランペットは・・・Tineさんっていったかな。姓は忘れちゃったけど」と教会スタップのRさん。

「えっ、えっ、トランペット奏者のTineさんって・・・ もしかして、私とHSがいつもYOUTUBEで演奏を聴いているTine Thing Helsethさん?HSがMitt hjerte alltid vankerの演奏が大好きで、パソコンの画面を指差して、もういっかい、もういっかいってリプレイをせがむんですよ!わあすごい、Tineさんが今この教会にいらっしゃるなんて!」と私は大興奮。

そんなにHSと私がファンなのであれば、とRさん、練習を終えて礼拝室のある地階まで上がってきたTineさんに私たちを紹介してくれました。まだ20代前半のTineさんですが、落ち着きがあって、ものすごいオーラを感じました。そしてyoutubeの動画で見たとおりの、それは美しい方でした。HSのためにその場にしゃがみこんで、”Hei、HS!”と挨拶してくれたのですが、HSは完全に固まってしまっていました(笑)。教会から帰宅早々、youtubeを見せて、「ほら、教会で会った、あのトランペットのお姉さんだよ」と説明しましたが、幼いHSに果たして関連性が理解できたでしょうか・・・

午後は住宅地内のプレイグラウンドで外遊び。
雪が融けたその下から現われた枯葉や木の実を手に、HSは元気に遊びました。
いつの間にか、ジャングルジムの梯子をのぼるのが上手になっていて、高めの梯子をひょいひょい、と器用にのぼります。私は落下防止に一応HSのお尻に手を添えてはいるのですが、少なくとも今日は10度以上梯子をのぼって一度も危なっかしいことはなかったので、もう自力であがれるのでしょう・・・

d0182292_10453659.jpg

d0182292_10463380.jpg

[PR]



by jentene_i_nyc | 2011-02-18 10:45

北欧・ノルウェーの首都に住んでいるirisjentaの徒然日記。学生生活・育児生活・季節の行事その他雑記。
by jentene_i_nyc
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧