Halcyon Days

NYCより

東日本大震災。

いつもこのブログを覗いて下さる皆さん、もう御存知の方が殆どなのではないかと思いますが、私とHSは1週間半前にNYCに帰ってきました。

地震が日本を襲ったその日、私とHSは千葉の実家に里帰り中でした。家には私の母と、私とHS。父は所用があって、東京方面に出かけていました。突然の揺れ、数秒後には家中ががたがたと鳴りだし、尋常でないものを感じた私たち家族3人は食卓の下に避難。揺れはさらに激しくなり、居間の飾り棚の扉が勢いよく開き、中のものが飛び出して次々と砕け散る音が聞こえてきました。地震の震源がどこであるのか、そのときは知りようもありませんでしたが、大地震、日本に大変なことが起きつつあることは、揺れがおさまるそれ以前にわかりました。HSは私の腕の中でもがきにもがき、泣き叫んでいました。「だいじょうぶだよ」と宥める私の声にも、全く説得力が感じられなかったことでしょう。

揺れは随分長い間、続いたように感じられました。そしてそれがひとまず止んだとき、食卓のすぐ横のテレビをつけたのですが、余震が襲ってくる可能性が高かったため、私とHSは食卓の下から出るに出られず、HSは尚も泣き叫んでいました。そのうち東北の各地の沿岸地域に津波警報が出だし、それからしばらくして、中継を通じて私たちの目に飛び込んできた光景は・・・絶句するようなものでした。気がつけば、泣き喚いていたHS、精根尽き果てて、私の腕の中ですやすやと寝息を立てていました。地震時、すでに東京に到着していた父は、あの日数え切れないほどの人数の皆さんがそうだったように、帰宅難民となり、都内の祖母の家で一泊して翌日やっとのことで家に帰ってきました。

それから本当に色々なことがあり、最終的に私は予定を2週間余り繰り上げて、HSを連れてNYCに帰ることになりましたが、帰国の日まで毎日見続けた日本のニュース番組、カメラを通じてこちらに届けられた被災地の皆さんの姿や声、そして市町村の惨状、私は一生忘れることはないでしょう。被災された方々に対しては、もう月並みな表現で遺憾の意を表すことができないような気持ちです。今回の一時帰国中に東京で久々の再会を果たすつもりだった、大学時代以来の友人の御両親は、福島県いわき市にお住まいで、メールで御両親の安否を確認したところ、怪我はなかったものの、給水所で水をもらわなければならないなど、生活上の不自由がおありとのことで、原発事故の影響についてもとても不安がっておられるとのことでした。

NYCに戻って、真夜中過ぎに余震で飛び起き、HSの安全をそのつど確認し・・・ということのない、”平常”の生活に戻った私ですが、夜、薄暗い寝室で横になっていると、あの日の激しい揺れとHSの泣き声、日本に残してきた家族・友人たちの顔、そしてどす黒い津波に飲み込まれていく乗用車やトラックが次々と目の前に浮かんできて、眠りにつけるまでとても時間がかかります。繰り返し悲しみが襲ってきて、1日の間にもかなり気持ちの揺れがあるのが自分でもわかります。それでも、私が日本人だと知って、街頭や買い物に行った先で市民の皆さんが温かい言葉をかけて下さったり、市内の友人や日本・ヨーロッパの友人がメールをくれたり、心理面でとても助かっていることは確かです。東京のある友人は、私の両親が地震の影響で困っていないか、実家にわざわざ電話までくれました。感謝の念で一杯です。このような困難な時期にこそ、周囲のひとたちの人となりがあらわれる、とどこかで読みましたが、本当ですね。私はよい友人に恵まれていて、本当によかった。

私たちが日本にいる間、毎日深夜まで、テレビやインターネットを通じて日本の、特に私の実家のある関東の震災関係の情報を集め続けた私の夫、私たちがNYCに戻ってきて、初めて気が緩んだのか、PCのスクリーン上で気仙沼市が津波に呑まれる映像を見ながら、感情あらわに涙を流していました。そして私たちはその晩、日本の赤十字社宛に、我が家の家計が許す限りの募金をしたのですが、被災地の復旧のために、他に何か出来ることがないか、考えています。私個人ができることは、私たち家族が経験したこと、そして私の国に起こったことを、NYCの皆さん(まずは友人たちから)にお話していくことではないかと思っています。震災の記憶が色褪せないように。そしてHSには、なるべくトラウマにならないようなやり方で、日本への里帰り中に何が起こったのか、そしてとくに被害のひどい地域の復興には年月が要るかも知れないけれど、私の母国の国民がどれだけ気持ちを奮い立たせて、頑張っているかについて話をしていきたいと考えています。
[PR]



by jentene_i_nyc | 2011-03-28 12:13

北欧・ノルウェーの首都に住んでいるirisjentaの徒然日記。学生生活・育児生活・季節の行事その他雑記。
by jentene_i_nyc
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧