人気ブログランキング |

Halcyon Days

Carousel 

いささか駆け足気味の記事になってしまうのですが・・・

昨日日曜日、家族3人でBrooklynはProspect Parkに遊びに行ってきました。
目的は3つ、1)NYを離れる前にHSをcarousel(回転木馬)に乗せてやること、2)園内にある動物園を訪れること、そして3)Oの職場の同僚でジャズ仲間でもあるDさんと、Dさんのふたりのお子さんと一緒にプレイデイトを兼ねたピクニックをすること、でした。

回転木馬は、マンハッタンのセントラルパーク(1908年に作られたもの)が有名ですが、夏季のとくに天気のよい日はこの木馬に乗ろうとする人びとが長蛇の列を作るらしく、まだ幼いHSが自分の順番まで大人しく待っていられるかは、非常に疑問でした。Carouselのキーワードでさらにネット検索してみると、Prospect Park園内にも1912年に作られた、年代ものの回転木馬があることを知り、HSを是非これに乗せたい、と私が訴えたところ、Oがブルックリンまで一緒に来てくれることになったのです。Prospect Parkのウェブサイトによると、目当ての回転木馬、馬が53頭に加え、ライオン1匹、キリン1匹、鹿1匹、そして竜に引かれた車が1台とのこと。実物を見て、私は大感激。昔懐かしさと、同時に職人技を感じさせる、美しい、美しい回転木馬でした。

肝心のHSが自ら乗りたがるかどうかがわからなかったので、木馬が回転するところを1ラウンド見せてみたところ、HSがぽつりと「HSちゃん、あの おうまさん、のってみたいなー」。「それなら ぱぱと いってきなさい。ままは ここに たって HSちゃんを まっていてあげるから!」と私は柵の外に立って、HSとOの姿を眺めていました。

d0182292_11425199.jpg

d0182292_11431078.jpg

d0182292_11432894.jpg
d0182292_11434474.jpg


The CarpentersのSingの曲がミュージックボックスから流れてくる中、ぐるぐると回転する木馬たち、そのうちの1頭にまたがってポールにしっかりつかまっているHS、その横に立つO。私は何だか感極まってしまい、木馬を降りたHSの手を引いてこちらに戻って来たOが、私が涙目になっているのを見て、「ドウシタンデスカ?ダイジョウブデスカ?」と驚いていました。

私は子どもの頃、回転木馬が大好きでした。イギリスで生活していた子どもの頃、両親に連れられてfairに何度も行きましたが、toffee appleと綿あめに加えて、回転木馬が大の楽しみでした。30年も前の記憶ですが、隣の木馬に乗って笑顔だった父や、昨日の私がしていたように、木馬に乗らずに少し離れたところから私たちを眺めていた母の姿を思い出したりします。

木馬初体験のHSは大興奮で、「HSちゃん、ぱぱと おうまにのったの! おうまがね、ぐるぐるぐるって まわったの。HSがmamma borte(ままが いなくなった)って いったら、 ぱぱがDER e mamma! (ままは あそこ!)って」と喋り続けていました。喜んでくれてよかった!NY生活のよい思い出になるといいね。

Prospect Park訪問記は続きます



by jentene_i_nyc | 2011-06-07 12:02 | Life in NYC

北欧・ノルウェーの首都に住んでいるirisjentaの徒然日記。学生生活・育児生活・季節の行事その他雑記。
by jentene_i_nyc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧