Halcyon Days

ヴァケーションはじまる

先ほど学校から帰宅して、やっと私のヴァケーションが始まりました。
朝から15分の休憩を2回挟んで午後2時過ぎまで講義だったので、今この文を書いていても思考がなかなかまとまらないほど頭が疲れていますが、この先1週間、学校のことはなるべく考えずに家族との時間を楽しみたいと思います。

昨日娘の園で開かれたマラウイ・フェスティバル、大盛況でした。子どもたちのマラウイ・ダンスの披露の前に父兄カフェとバザーがありました。「カフェ」ではマラウイの人々が栽培して食べているトウモロコシにちなんでポップコーン、それに落花生や南国のフルーツがふるまわれました。園舎内にはアフリカにインスピレーションを受けて子どもたちが作った飾りがたくさん。プラスチックのビーズとワイヤで子どもたちが製作したカラフルなランプシェードが素敵でした。
d0182292_22214059.jpg
d0182292_22022970.jpg
バザーでは年長組の中でも、娘を含め、この秋から小学校のあがる5人の子どもたちが売り子をつとめました。マラウイの人々が作ったフェアトレードの商品をはじめ、様々なものが販売されていましたが、我が家では、現地の村バラテウェの村民たちの日常生活について伝えるドキュメンタリーのDVDやドキュメンタリーに収録された音楽のCDを買いました。前の晩に娘から夫にこんな手紙が渡されたのですが、この手紙をもらって、買ってあげたいと思わないパパはいるでしょうか。
d0182292_22223054.jpg
「幼稚園のお店でCDを買おうか」… 笑


ダンスは年長組のこどもたち全員が参加し、後列にいた娘は見えにくかったのですが、前列の子どもたちの間から見えた娘は笑顔でとても一生懸命に踊っていました。自分はステージに立つことが好きだ、みんなに見てもらって拍手してもらうのが好きだ、と普段から言っている娘ですが、本当にstage frightというものがないようで、大勢の人の前に立っても極めて自然体です。年長組のこどもたち全員、輪になったり、広がったり、ダンスの手順をよく覚えていて、頑張って踊っていました。クラスの最年長の男の子・A君の「はじまりの挨拶」も立派でした。娘が幼稚園に通うのも、あと2か月ちょっと。昨日が園での最後の発表会でしたが、ノルウェーに引っ越してきてからこの数年間の娘の着実な成長が感じられた、良い会でした。娘もクラスの友達も、みんな本当に大きくなりました。





[PR]



by jentene_i_nyc | 2014-04-11 22:18

北欧・ノルウェーの首都に住んでいるirisjentaの徒然日記。学生生活・育児生活・季節の行事その他雑記。
by jentene_i_nyc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧