Halcyon Days

カテゴリ:日本帰省2011( 5 )




Asobi@実家

5)お絵かき
 上:ばあばとの合作 (左から)「HSちゃん、ぱっぱ、まんま」
 下:私との合作 「虹」(私が描いたのは舟の部分のみ)

d0182292_14141612.jpg
d0182292_14142774.jpg


6)カシオトーン
私が子どもの頃、実家の父が買ってきたカシオトーン。
NYCの幼児向け音楽教室でも練習していますが、HSはここ実家でも「ドレミファソラシド」「ドシラソファミレド」とスカラを一本指で弾いて、実家両親の拍手喝さいを受けています。

d0182292_141656100.jpg

d0182292_14174514.jpg


現在、HSは居間で私の両親と空のペットボトルを使ってボーリングを楽しんでいます。
楽しそうに笑う声がたえず聞こえてきます。
[PR]



by jentene_i_nyc | 2011-03-10 14:17 | 日本帰省2011

Asobi@実家

1)Maisy's House and Garden
NYCを発つ前日にBarnes and Noble書店で買い求めた1冊。開くと、ネズミのメイシーちゃんの家の庭と、家の各部屋が飛び出してきて、紙製のドールハウスのようにして遊べます。紙でできた、メイシーをはじめとする絵本のキャラクターとお道具もついてきます。NYCから日本に向かう機内では、HS、「ぱっぱ」と泣いていないときはこの飛び出すおうちで夢中になって遊んでいましたし、日本に来てからもほぼ毎日のように遊んでいます。20数米ドルしましたが、本当によくできていて、子ども心をとらえる玩具です。

d0182292_2395637.jpg


2)粘土セット
実家の両親がHSのために用意してくれていた、お弁当が作れる粘土セット。卵焼きやハンバーグ、ご飯や野菜を作る粘土用の型や、スパゲッティーを作るピストン型の道具が入っていて、大人でも夢中になってしまいます。

d0182292_2314327.jpg


3)ままごと
某幼児用教材の知育トイとして送られてきた、レストランセット。HSは朝起きて、2階から階下の居間へ降りてくると、紙のコック帽を自分で頭にかぶって、つぎつぎと定食を用意します。ドリンクマシーンでコップにオレンジジュースや麦茶を注いで。今朝は<じいじ>相手に延々とままごとを続けていました。

d0182292_23182823.jpg


4)DUPLOブロック
実家の両親が、HSが実家での毎日を少しでも楽しんでくれるようにと注文してくれた、DUPLOのおうちセット。HSは上記のメイシーちゃんの紙の家と同じぐらい熱心にDUPLOのおうちで遊びます。家具はブロックが入っていた箱についている絵を眺めて、その通りに配置しようとするのですが、そうしたところは私が子どもだったころより、ずっと几帳面です。ブロックセットについてきたお人形を「ぱっぱ・まんま・HSちゃん」に見立てて、一緒に食事させたり、ベッドに寝かせたりして楽しんでいます。見立て遊びが本当に上手になりました。

d0182292_2327282.jpg


時刻的に遅くなりました。続きはまた明日
[PR]



by jentene_i_nyc | 2011-03-09 23:27 | 日本帰省2011

うち遊び・外遊び

雪が降りました。

私たちが日本に到着して数日はひどい底冷えのする日が続きましたが、ようやく春らしい陽気が巡ってきたと喜んでいたのも束の間、昨晩からは雨、雨が次第に雪に変わり、今朝は傘をさして歯科クリニックに行かねばなりませんでした。

 まるでみぞれのような湿った雪なので、地面に積もりはするものの、その上を歩くとびちゃびちゃと音がして、あちこちに雪が半分以上融けたような水たまりが。HSを近所の公園に連れて行ってはみたのですが、雪遊びの中盤からHSの関心が水たまりにいってしまい、こちらの制止の声を無視して水たまりに飛び込んだ挙句、水たまりの中で転んでずぶ濡れになったので、「ぷれいぐらうんどで あそぶのー」と泣き叫ぶHSを両腕に抱えて早々に退散することになってしまいました。実家の庭先で遊ばせるのにとどめておけばよかった...。

d0182292_21591916.jpg

d0182292_220640.jpg


 帰宅してからはうち遊びだったのですが、HS、実家の母が買ってきたクレヨンのワークブックに延々と向かって、ワークブックの絵の線をクレヨンでなぞっていました。日本に来てからというものの、HSは折り紙とクレヨンでのお絵かきが大好きになり、我流で折り紙を何枚も折っては「これは どあ」「これは へび」と見せてくれたり、ばあばとの合作で「ぱっぱとまんま」の絵を描いてくれたりします。ばあばが褒め上手で、HSが自主的に何かをするととにかく褒めまくるので、これまで「まんまが かいて」というばかりで自分はあまり握りたがらなかったクレヨンを自ら握って絵を描きたがるようになりました。

d0182292_2204233.jpg

d0182292_2205528.jpg

d0182292_2211241.jpg


 私自身は両親にHSの世話も助けてもらって、生活的にはずいぶんと楽にはなったのですが、ここ数日不眠気味のうえに、両腕や腰にアトピーがどんどん広がってしまい、本日はついにNYCの皮膚科の先生に処方していただいた薬を服用しなければなりませんでした。本当はメールしたい日本の友達も沢山いるのですが、今日はもう寝なければなりません。
[PR]



by jentene_i_nyc | 2011-03-07 21:58 | 日本帰省2011

綿入れ

昨日私たちに会いに、私たちが滞在している実家まではるばる足を運んでくれた、<花仙さん>こと母方の伯母。HSに沢山の可愛らしいお土産と、亡き祖母が私のために縫ってくれた朱色の綿入れを持ってきてくれました。赤ちゃんのおくるみとして祖母が作ったこの綿入れですが、90センチサイズなので、今のHSがどうにか着られる大きさです。今朝早速HSに着せてみました。
 HSの七五三用の着物は、HSのどちらかというと洋風な顔立ちに合わせてか、現代的なデザインのものを実家の両親に選んでもらいました。それとは対照的に、祖母作の綿入れは色彩も絵柄もとても古典的ですが、とても「和」が感じられて可愛らしい。30云年の月日の流れを感じて、しみじみしてしまいました。

d0182292_13153325.jpg
d0182292_13155096.jpg


 花仙さんは綿入れに加え、HSのドレスとスカートに仕立ててくれるという古典的な和柄の生地と、HSのために編みかけてくれている、ノスタルジックかつロマンチックな雰囲気のレーススカーフを持参してくれました。以前編み物専門の手芸家として活躍していらっしゃった花仙さん。その編み物の技術は本当に素晴らしく、スカーフの完成品をこちらにアップするのが今から本当に楽しみです。

 「想像していたより、ずっと痩せていて、顔もちっちゃい」というのが、HSに久々に会った花仙さんの感想。最初は緊張していたHSも、しばらく経つと、花仙さんが家族の一員であることを察したようで、最後にはなかなか打ち解けている様子でした。
[PR]



by jentene_i_nyc | 2011-03-06 13:23 | 日本帰省2011

日本より

気がつけばブログを放ったらかしにしたまま、1週間以上が経ってしまっていました。
そして早いもので私と娘が日本に到着して6日目です。

 NYCから日本までの13時間のフライト中、HSが寝たのは2時間弱。JFK空港まで私たちを送りに来てくれたOとセキュリティーゲートで別れた際、ぱっぱが私たちと一緒に「じいじ・ばあばのおうち」についてこないのにひどくショックを受けてしまったHS(前日から「ぱっぱは いえで おるすばん」と説明していたのですが、幼いHSにはあまりよく理解ができていなかった様子)。機内では私が手荷物のダッフルバッグの中に用意してきた飛び出す絵本やデュプロブロックのキャラクター、折り紙で遊びはしたのですが、度々ぱっぱを思い出しては「ぱっぱは どこー?ぱっぱは おしごと?」「どあは どこー?HSちゃん おそとにでて、おうちに かえりたーい」と泣きだし、私もHSの気を紛らわすのに必死でした。「では ひこうきの どあをさがしてみよう」とHSの手を引いて通路を何往復もしてみたり、お煎餅を食べさせてみたり。飛行機が成田に着くころまでには私は憔悴しきっており、空港まで迎えに来てくれた実家の父の運転で1時間かけて実家に向かう途中、ひどい車酔いをしてしまいました。

 その晩は、時差ぼけに加え、神経を高ぶらせていたHSは1時間ぐらいしか寝ず、その翌日は午後5時就寝、午前3時起床、翌々日は午後6時就寝、午前3時起床… と時差との闘いが続きました。今朝は午前4時起床でしたが、HSは日中2時間のお昼寝をしたので、午後はなんとか午後7時ごろまで起こしておくことができました(昨日までは午後6時ごろになると、夕食の途中でもこっくりこっくりと舟を漕ぎだし、沈没してしまっていたのです)。明日は一体何時に目を覚ますことやら…

 そんなことで、毎日なかなかブログにまで手が回らないまま、6日が経ってしまったのですが、私たちはどうにか元気です。日本に来てから急激に日本語が伸びて、実家の父母と楽しそうに話すHSの姿を見るのは本当に嬉しいものです。昨日はお雛祭りだったので、家族で「菜の花弁当」を食べて、今日は一日遅れですが、お雛様を出して、HSの3度目のお雛祭りのお祝いをしました。お雛様、私の母が私のために作ってくれた木目込み人形ですが、本当に久々に目にしました。HSは雛人形よりも、桜餅とひし餅の方に関心が行ってしまっていて、写真を撮っている間にも、「まま、これ、これ、これ!これが たべたいの!」と大騒ぎしていました(苦笑)。「花より団子」の娘です。

d0182292_21283727.jpg
d0182292_21285223.jpg

d0182292_21315611.jpg

d0182292_21294614.jpg
d0182292_2130195.jpg

[PR]



by jentene_i_nyc | 2011-03-04 21:26 | 日本帰省2011

北欧・ノルウェーの首都に住んでいるirisjentaの徒然日記。学生生活・育児生活・季節の行事その他雑記。
by jentene_i_nyc
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧