Halcyon Days

<   2014年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧




誕生日前祝い

あと数日後に娘が6歳の誕生日を迎えるので、昨日お客さんも招いて小さな誕生日祝いをしました。お客さんとは、近所に住む親せきのH姉さんと、たまたま数日間の予定でオスロに遊びに来ていた義理の弟カップル。いつもは夫と私と娘の3人でまずは祝っている誕生日ですが、思いがけず賑やかな前祝となりました。台所の壁には、以前娘の服をつくったときに出た端切れで縫っておいたガーランド。誕生日の花は迷った挙句、今回もペオニーを選びました。ニューヨークでも毎年娘の誕生日の時期に花屋やデリで売り始められる華やかな花で、見ると必ず娘の誕生日を連想するので。
d0182292_19144405.jpg
d0182292_19201429.jpg
バースデーケーキ、娘の希望でベリーのケーキにしました。スポンジ部分は今回娘がずいぶんと手伝ってくれました。卵を割ったり、牛乳を注ぎいれたり、粉をふるったり。今回は計量にもチャレンジしました。ケーキ型、弟カップルもお祝いに来るというので大きなものを使ったのですが、型に比して生地の量が少なく、薄いスポンジになってしまった(2段にして間にジャムを塗るのは断念)のが残念でした。味じたいはとても美味しくできました。デコレーション、今回はじめてマジパンも使ってみました。粘土のように伸ばして、花形で小さな花を抜いてみました。
d0182292_19291162.jpg
娘はお客さんからも、日本とノルウェーのおじいちゃん・おばあちゃんからも、私たちからも贈り物をもらって大喜びでした。
私の父母から贈られたゴールドの靴、さっそく履いて歩き回っていましたし、ボードーの義理の父母から贈られたプラスチックのフィギュアでもひとしきり遊びました。私たちからは、桜色の腕時計・桜色のバレエ用レオタード・子どもサイズの魔法瓶(幼稚園の遠足に魔法瓶にココアを入れて持ってくる子が何人かいるようで、娘は以前からそれを羨ましがっていたので誕生日を機会に魔法瓶を買ってあげました)、それにハート形のアンティークのロケット。ロケットはイギリスのもので20世紀初頭のものです。オークションに出ているのをたまたま目にして私が一目ぼれしてしまい、完全に自分の趣味で娘への贈り物にしたのですが、好みが似ているのか、娘はとても気に入ってしまい、昨日の午後はずっと首にかけていました。将来ロケットには誰の写真が入れられることになるのでしょう…
d0182292_19411897.jpg

日本の伯母からはこんなに素敵なバースデーカードが届きました。娘の大好きな桜色の、桜モチーフのカードで、伯母からのメッセージとともに、伯母が折ったシマウマも挟み込まれていました。伯母から娘への誕生日に向けての言葉、全てひらがなだったので娘も簡単に読むことができ、何度も音読して喜びに喜んでいました。日本からの手書きの手紙、嬉しいですよね。
d0182292_19484730.jpg

本当の誕生日はあと数日後ですが、娘の誕生日を既に祝ってくれた皆に心から感謝しております。おかげで娘は幸せに6歳の誕生日を迎えられます。当日は幼稚園でもお祝いです。チョコレートケーキを焼くつもりです。



[PR]



by jentene_i_nyc | 2014-03-31 19:51

Growing beans

結局今日も微熱で園を休んだ娘。
なんとなくけだるそうで、でも家では退屈している様子だったので、どうしたいのかと聞いたら、新しい本が読みたいとのこと。小さなお出かけということで、ふたりでトラムに乗っていつも利用しているのとは別の地区にある図書館に本を借りに行きました。我が家の最寄りの図書館よりも絵本や児童書の数が多く、閲覧しやすく本が並べられているので、私も娘も気に入っています。手早く書棚をまわって計6冊絵本を借りました。
d0182292_02144313.jpg
手に取った絵本の中でも気になったのは、この1冊。スウェーデン人作家Lars Klinting 作 Kasper sår です。ビーバーのカスペルが豆を土に植えて育てるはなしで、種まきの時期に差し掛かっている今、娘と読むのによい本だと思いました。
d0182292_02151695.jpg
d0182292_02182863.jpg
d0182292_02161803.jpg
絵本の最後のページには、子どもたちが家で植えて育てるのにおすすめな豆の一覧があり、私たちの学校でも先週「幼児と植物栽培」の講義があったばかりなので、我が家でも娘に豆の発芽の様子を見せてみたくなりました。
d0182292_02171891.jpg
豆を水に湿らせるところから開始。すべての豆が発芽するわけではないので、3個ぐらいまとめて栽培にチャレンジすると成功の確率が高い、と教科書にありました。キドニービーンズで挑戦。3,4日経って豆に何も変化がなければ別の豆にかえて再挑戦です。Erter (peas)でもbønner (beans)でも同じ発芽のさせかたでよいようなので、peaも一緒に育ててみようかな。

[PR]



by jentene_i_nyc | 2014-03-29 02:39

軽快

昨日の朝は熱がぶり返してソファに横になっていた娘でしたが、今日は夫と朝遅くまで眠って体がだいぶ休まったのか、私が学校でのグループ発表を済ませて(合格でした)帰宅した正午までに体調がかなり上向いてきたようです。私が作った昼食もよく食べ、食卓で工作や折り紙に熱中し、先日夫が私にプレゼントしてくれたミニ双眼鏡を目に当てて、窓の外の景色に見入っていました。長引いてしまった熱でしたが、このまま週末にかけてゆっくり過ごせば、来週から幼稚園に戻れそうです。「夕食はいつもママが作ってくれるチキンライスがいい」と要望も出ているぐらいなので、食欲のほうは上々のようです。

d0182292_23493753.jpg
ロンドンから小包も届きました。中身は先週の頭に注文していたLiberty of Londonの生地、1メートルなり。
d0182292_00132385.jpg
私がまだ小学生だった頃、母からもらったLibertyのアドレス帳のカバーに使われているのと同じ模様、ベリーがちりばめられたWiltshireという生地で、アドレス帳の生地は青系ですが、私は今回濃紺地に赤いベリーがプリントされた色違いの布を注文しました。アウトレットのお店からの取り寄せですが、届いた生地、プリントの色むらもなく、想像通りの美しい色合い。学生である私の買い物の予算は限られているので、いわゆる「大人買い」はできませんが、またリバティーの生地を買うときは同じお店にオーダーを入れようと思います。
d0182292_00120876.jpg

リバティーのタナローンは私が今まで娘に縫った服の生地と比べて薄地でしなやか、きれいなドレープが出るので、手に入れたWiltshireの生地でシンプルなデザインのスカートを一枚縫おうと考えています。生地があまるはずなので、娘のダンスのレオタードとシューズを入れる巾着かトートバッグを縫うつもりです。生地にハサミを入れるのが本当に楽しみです。



[PR]



by jentene_i_nyc | 2014-03-28 00:15

自宅休養中

娘の熱が続いていて、体温は上がったり下がったり。熱があがるとだるそうで、ソファに横になったままじっとしています。今週まるまる、園をお休みはほぼ決定です。かかりつけの医師に電話でアドバイスを仰ぎながら、解熱剤を飲ませたり、水分をとらせてみたり。食欲も激減してしまいましたが、熱が下がりかけのときに梅干しおにぎりや卵粥、ミカンの缶詰などを勧めるとと少量食べてくれますし、リンゴジュースやイオン水もどうにか飲んでくれています。私が学校の授業に少しでも出られるようにと、昨日・昨日と半日ずつ仕事を休んで家にいてくれた夫も昨晩からひどい風邪。まだ胃腸炎の症状はあらわれていないので、私たち大人、イースターまでどうにか持ちこたえられればと思います。

d0182292_23195314.jpg
夫のおかげで参加できた昨日の授業は野外学習でテーマは「オリエンテーリング」。幼稚園での教職は園児のグループを連れて森林に出かけることも内容に含んでいるので、森林の中で地図とコンパスを頼りに目的地にたどり着けるよう、トレーニングを受けました。Sognsvann湖の周囲の森林が訓練の場だったのですが、森の奥にはまだかなり雪が残っていて、家から履いてきた防水加工のトレッキングパンツとゴアテックス素材のハイキングシューズ、とても役立ちました。将来就職したら、雨が降ろうが風が吹こうが、子どもたちを連れて野外に出かけることになるので、こちらの幼稚園のスタッフがよく履いている、つなぎのサーモ・パンツ、買わなくては。

d0182292_23470423.jpg

d0182292_23473444.jpg
d0182292_23481262.jpg

d0182292_23420868.jpg
d0182292_23411799.jpg
イースター明けに6週間の実習期間に入ります。実習先、私の第一希望
の、森林地帯にある幼稚園で、今度は年少組(1歳から3歳)担当です。学校のクラスで親しくなった男性の学生と一緒にペアを組んで教育プランを練りますが、年少組のこどもは年中・年長組のこどもとはまた異なった興味やニーズがあるはずなので、来たる実習では数多くの学びがありそうで楽しみです。

[PR]



by jentene_i_nyc | 2014-03-26 23:52

娘の病気

今娘の幼稚園で流行しており、園長先生からも金曜日にお知らせのメールが届いていた感染性胃腸炎でした。ロタなのか、ノロなのか、それともまた別のウィルスなのか。はっきりしたことはわかりませんが、週末から高熱が出て日曜日はうつらうつら眠って過ごし、昨日の午後からは嘔吐。今朝体温を測ってみたら熱は平熱にまで下がっていましたが、まだ何を飲んでも食べても戻してしまう状態で、明日も園をお休みせざるを得ないようです。胃腸炎、回復までまる1週間かかることが多いようで、夫と交代で学校や仕事を休んで、娘の看病をすることになりそうです。
 
 一昨晩も昨晩も娘のベッドの隣に布団を敷いて横になっていましたが、娘の具合が悪く、私もほとんど眠れていません。幸い私はまだ体調はよいのですが、学校関係の作業が*全く*はかどらず、今学期の単位取得、できるのかどうか、心もとない気持ちです。これが学業と育児と「二足の草鞋を履く」ということなのかもしれませんが、私の中ではプライオリティーは当初からはっきりしているので、学校のほうはうまくいかなければ単位の取りなおしでいいです。夫は仕事に出かけ、私は娘をひとりにして薬局には出かけられないので、以前同じくノルウェー在住の日本人のお友達に教えていただいた経口補水液、台所で作ってみました。ほのかにリンゴジュースの味がする補水液ですが、娘、いやがらずに飲めるかしら。娘はFrøken Kanin (ノルウェー国営放送の子ども番組に登場するウサギのぬいぐるみ)を抱えて眠っています。私はハーブティーを飲みながらグループ発表用の原稿書きです!

d0182292_18134627.jpg



[PR]



by jentene_i_nyc | 2014-03-24 18:14

誕生日に向けて

娘の6歳の誕生日が近くなってきたので、内職をはじめました。
試験準備期間と重なってしまっているので、なかなか馬力が上がらないのが残念です。
今日プールから帰ってきた娘が突然熱を出してしまって、午後からとてもおとなしくしていたのですが、食卓で絵をかいたり折り紙を折ったりする娘の隣で私もはさみを握って作業。こちらでは誕生日の日にバースデーボーイ・バースデーガールは紙のkrone 冠をかぶることが多く、幼稚園での誕生日祝いには幼稚園の先生が作ってくれますが、私も家用に用意したくて、先日近所の書店で桜色の画用紙を買ってきました。この画用紙を王冠の形に切って、娘が普段お絵かきに使っている色紙を拝借して切ったカラフルな花を貼りました。これを輪っかにして娘の頭囲に合わせて留めれば完成です。
d0182292_06024796.jpg
王冠は以前実習をしていた先の幼稚園でも子どもたちに頼まれてよく作りましたが、王冠のフォルム、連続で同じ形が繰り返されるので、子どもたちにシンメトリーについて教えるのにも役立ちます。園のこどもたちは王冠をかぶるととたんに王様やお姫様になったような気分になるようで、すぐに「ごっこ遊び」が始まります。子どもたちがファンタジーの世界に出たり入ったりしながら遊ぶ様子を観察するのはとても興味深いことですが、こうした遊びの能力や柔軟性、いつの間にか自分がかなり失ってしまっていることに気が付かされます。娘とその友達に「怪獣になって」とせがまれても、「普段の自分」から「怪獣」への切り替えにかなり時間がかかったり、公園で子どもを遊ばせている他の大人の目がちょっぴり気になったり(笑)

私自身は子どもの頃ドレス・アップにはあまり興味がなかったのですが、子どもが幼稚園に上がって仮装パーティーに参加するようになったころから、子ども用のコスチュームの準備が楽しくなりました。花の妖精をイメージして、お花紙で作った花を台紙に張り付けて冠を作ったり、小道具になりそうなものを探して街に出かけたり、まるで自分がパーティーに出かけるかのように楽しみになります。

d0182292_08050062.jpg
…長くなりました。これからしばらく試験勉強に集中するので次回の更新はいつのことやら。学校と娘の誕生日、両立できるように頑張りたいと思います。



[PR]



by jentene_i_nyc | 2014-03-23 06:28

kjøkkenundervisning 料理教室

大学の「幼稚園における食育」の講義の延長で企画された料理教室に参加してきました。任意参加なので集まった学生の数は少なめでしたが、オーツ入りの胚芽小麦のパンを焼いたり、4班に分かれて講義の関連書籍の巻末に載っているレシピの中からあわせて4種類のスープ(インド風レンズ豆のスープ・トマトスープ・人参と生姜のスープ・赤ビーツのスープ)を作って試食したり、和やかな雰囲気の中で楽しく料理しました。
d0182292_03095307.jpg

私はレンズマメのスープ担当でしたが、班の仲間のパキスタンとエジプト出身の学生によると、彼女らの食文化でもレンズ豆がよくつかわれるとのこと。スープにはクミン、ウコン、コリアンダー、ガラムマサラなどのスパイスを入れました。パキスタン人の級友は「スープっていうよりお粥みたい…」と出来上がったスープに懐疑的でした。おそらく彼女の家の豆のスープはもっと水量が多いのでしょう。私自身はアメリカでよく食べていたsplit pea soupの濃さに慣れているので「おいしそう」と思うだけでした。実際口にしてみたら、本当に美味でした。私が家で料理に使っている豆といえば、レッドキドニービーンズとヒヨコ豆の2種類なのですが、スープの残りを家に持ち帰ったら夫も美味しい、と完食だったので、レンズ豆の我が家のレパートリーに加えてみたいと思います。
d0182292_03132500.jpg

他の班のスープも味見して回ったのですが、トマトスープ、粗く切った野菜がそのままの、トマトの酸味がきいたスープとバミックスで撹拌してさらに生クリームを足して味をまろやかにしたスープの2種類が用意されていて、生クリーム以外は同じ食材と香辛料が使われているスープ、舌触りが違うだけでこんなに大きな差が出るのだなと実感しました。学びの多い3時間でした。
d0182292_03134325.jpg
d0182292_03140111.jpg

[PR]



by jentene_i_nyc | 2014-03-23 03:43

Søstrene Grene

日は飛ぶように過ぎ、また週末がやってきました。
夫が娘をプールに連れて行ってくれたので、身軽になった私はオスロ中央駅近くにあるデンマーク系の雑貨屋Søstrene Greneに買い物に行ってきました。生活雑貨・画材・工作用品など様々なものが売られているのですが、北欧のお店にしてはかなりリーズナブルな値段で(同じデンマーク系のお店のTIGERと比較できるかも)、シンプルで使いやすいデザインの商品が多く、ここに来るとついお財布のひもが緩くなるのを感じます。
d0182292_23002557.jpg
もうすぐイースターなので、卵やウサギの形をした飾り物やお菓子など置かれていて、私も紙でできた卵形の箱(お菓子入れ)を買いました。
d0182292_22244014.jpg


その他、風船やお菓子袋、フェルトのポンポンやノート、小さなテーブルクロスとして使えそうなキッチンクロスも手に入れました。100ノルウェークローネ前後の買い物でしたが、店内をゆっくり回ってあれこれ商品を手に取ってみたり、とてもリラックスしたひと時を過ごすことができました。

d0182292_22591635.jpg


 


[PR]



by jentene_i_nyc | 2014-03-22 22:48

念願の…

家族でのロンドン訪問、どうやら実現しそうです。
航空券も買いましたし、宿も決めました。最寄りの地下鉄駅がCentral Line上にあるので、地下鉄1本でMarble Arch(Hyde Parkの北東の角にある駅)にもSt. Paul's (セント・ポール大聖堂最寄り駅)にも行かれます。もう何年も訪れていない懐かしい場所たち、昔の記憶を頼りに、なるべくファミリーフレンドリーなスポットを選んで、のんびりイースターを過ごそうと考えています。イースター休暇に突入するまでいったいどれだけ読めるか、ですが、ファミリー向けのノルウェー語のガイドブック、買ってみました。
d0182292_06275249.jpg
休暇の前に、まずは試験と発表とペーパー提出を済ませなければ。時期的に3つとも重なってしまい、仲間の学生たちと一緒にもがきにもがいています。今日はあるリサーチが目的で、前回野外学習プロジェクトを行った幼稚園にまた足を運びました。園周囲の芝生のあちこちにクロッカスが咲いていて、鈴なりというわけではありませんでしが、その可憐さにあらためて胸を打たれました。芝の間から植物の芽も頭をもたげていて。春です。
d0182292_22015896.jpg
 





[PR]



by jentene_i_nyc | 2014-03-19 06:37

eksamensforberedelse 試験準備

自然科学科目の筆記試験に向けての本格的な試験準備期間に入りました。
試験範囲はシラバスに記載されている教科書すべて。本4冊に論文集1冊です。
今から18年前に通っていた大学で学生の間で出回っていた「過去問集」も特にないようで、試験の数日前の講義中になんとなくのヒントがいくつか出る程度。要するにすべての範囲をカバーできるように準備しておかないと困るということです。詰め込みの知識を答案用紙に機械的に吐き出す、というよりは、幼稚園での日常生活のなかで自然科学的な知識に直結するような諸経験をどうしたら幼稚園児にさせることができるか、私たち学生のアイデアや考えを問う、というような応用的な問題が多いので試験中も考えに考えます。今の日本の大学の試験ってどんな感じなんでしょう…

今朝も朝からフラットに缶詰状態、本もデスクに山積み状態でしたが、集中力が切れかかってきたので、気分転換に余り布で娘に簡単なゴムスカートを2枚縫いました。

d0182292_04193326.jpg

グリーンの生地はAmy ButlerのPassion Lily という名のプリントで、ウィリアム・モリスデザインのの植物柄をモダナイズした感じ? 2012年の夏にもこれと色違いの生地で娘にスカートを縫って、とても愛用しているので今度は120センチサイズでもう1枚縫ってもよいかなと思いました。厚地でクッションカバーなどにも使えそうな生地ですが、透けないし、生地にハリがあってふんわりしたスカートができます。…3月の裁縫、残念ながらこれで打ち止めとなってしまいそうです。

ずいぶん前の写真ですが、先述の色違いのスカートをはいて、裏庭で遊んでいる娘の写真が見つかったので、こちらもアップしておきます。
 
d0182292_04271606.jpg

[PR]



by jentene_i_nyc | 2014-03-18 04:25

北欧・ノルウェーの首都に住んでいるirisjentaの徒然日記。学生生活・育児生活・季節の行事その他雑記。
by jentene_i_nyc
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧